メガネフレーム

たくさんあるメガネフレームの中からピッタリなメガネお届けします

フレームの基礎知識

  • フレームの種類
  • リムの形状

メガネのケア

  • 基本のお手入れ
  • クリーニングをご利用ください

フレームの形でメガネをかけた時の印象は変わります。好みの色やデザインで選んだり、なりたい自分をイメージして選んでみましょう。

メガネハウスでは、メガネフレームもサングラスも機能性、デザイン性に優れた高品質な商品、スーパブランドからカジュアルブランド、タレントなど有名人が愛用しているブランドも数多く取りそろえております。ご希望のブランドがございましたらお気軽にお近くのメガネハウスまでお問い合せください。

フレームの基礎知識

フレームの種類

ベーシックなファッションやビジネスシーンでも違和感なく合う、基本のフレームラインとその特徴をまとめました。他にもたくさんの種類がありますが、このフレームラインは覚えておくと便利な基本型です。

オーバル型

オーバル型

タマゴ型の定番タイプで、男女問わず好まれる。柔らかく自然な印象になるので、誰にでも似合いやすい。
【印象】やさしい、理知的、大人っぽい
【効果】顔の主張を抑える

ボストン型

ボストン型

逆三角形近い楕円型で知的な印象をあたえる。日本でも昔からある定番タイプの一つで、レトロな印象だが、近年、男性の間で流行している形。
【印象】活動的、若々しい
【効果】顔の長さを短く見せる

スクエア型

スクエア型

レンズの形が四角で横長の長方形タイプ。直線的でシャープな印象をあたえる。男性に好まれるデザイン。
【印象】シャープ、知的
【効果】顔の印象を引き締める

ウェリントン型

ウェリントン型

丸みを帯びた逆台形型で、正方形に近い形。昔からある定番タイプ。ジョニー・デップが掛けたことで有名なフレーム。
【印象】落ち着いた、知的、男性的
【効果】顔に緊張感を出す

ラウンド型

ラウンド型

円形タイプで、少し横長の楕円の形。アメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドがよくかけていたことから、「ロイド型」とも呼ばれている。
【印象】若々しい、かわいい
【効果】顔に動き、楽しさを出す

リムの形状

リムとは、レンズを固定している部分で、メガネをかけたときの印象の決め手となります。
ベーシックなファッションやビジネスシーンでも違和感なく合う、基本のフレームラインとその特徴をまとめました。他にもたくさんの種類がありますが、このフレームラインは覚えておくと便利な基本型です。

フルリム

フルリム

メガネの中心部分(フロント)がプラスチックなどで作られたフレーム。昔は素材がセルロイドだったため、「セルフレーム」と呼ばれている。カジュアルな印象をあたえる素材で、色の種類が豊富。

ナイロール(半分のフチ)

ナイロール(半分のフチ)

レンズの半分にフチがあるタイプ。
リムがない方にレンズのふちに溝を設け、そこに糸を通してレンズを固定している。ハーフリムとも呼びます。
レンズの下半分にフレームがあるデザインは「アンダーリム(逆ナイロール)」と呼ばれる。

フチなし(ツーポイント)

フチなし(ツーポイント)

レンズのまわりにフチがないデザインで、レンズ面に穴を開けて直接固定するタイプ。
リムがないので視界が広くあまり顔のイメージを変えないナチュラルな印象になるが、レンズが破損しやすい。

メガネのケア

基本のお手入れ

皮脂汚れ・ほこり・メイク汚れなど、いつの間にか汚れているメガネ。長持ちさせるためにも、毎日のお手入れが大切です。最高のメガネをいつもベストな状態に保って頂くためにのお手入れ方法をご紹介します。

  1. 01 まず水洗いを

    キズを防止するためにも、まず汚れがついたら水洗いしましょう。
    ※溝などについた汚れは強くこすったりせず、超音波洗浄器を利用してください。メガネを取り扱っている店舗では無料でご利用いただけます。

  2. 02 やさしく洗剤で洗いましょう

    レンズについた油汚れには、専用のメガネクリーナーで洗うのが一番です。ない場合は台所用の中性洗剤を使います。
    洗面器などに水をため、中性洗剤を数滴いれ泡立てて、その中でメガネを洗います。もしくは、指先に洗剤を付け、メガネの両面を優しくそっと撫でてから洗いましょう。
    お湯洗いはNGです!レンズコーティングは熱に弱いので、お湯洗いは避けましょう。またせっけん等で洗うのも避けましょう。研磨剤等でコートが剥がれたり、傷の原因になります。アルカリ系・酸性の洗剤は、コートがはがれる原因となるので使用しないでください。

  1. 03 水気をとりましょう

    ティッシュペーパーでやさしく押しふきで水分を取りましょう。なければ吸水性がある柔らかいタオルやガーゼを使ってください。レンズの溝はしっかりと水気をふき取ることがポイントです。

  2. 04 メガネクリーナーで仕上げを

    最後の仕上げにメガネふきでレンズをやさしくふき、静電気を防止しレンズを守るメガネクリーナーで仕上げをしましょう。メガネのくもりが気になる方は、曇り止めをお使い下さい。

メガネのクリーニングをご利用ください

日頃お使い頂いている大切なメガネは、ゆがみや調整が必要になってきます。また、きちんとお手入れをされていても、手が届きにくい部分は汚れも蓄積されます。長くお使い頂くためにも、定期的なメンテナンスが大切です。
お持ち頂ければ、ご家庭ではできないフレームとレンズの隙間汚れなど大切なメガネをきれいに洗浄いたします。またゆるくなったネジの締め直し、ワッシャーやナイロール糸、パッド(鼻あて)部分など消耗する部品も交換いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

おすすめフレーム

メガネフレーム

  • A.V.V(アベベ)
  • AIR WALK(エア ウォーク)
  • BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー ブラックレーベル)
  • BURBERRY(バーバリー)
  • COACH(コーチ)
  • crocs(クロックス)
  • dunhill(ダンヒル)
  • EAST BOY(イースト ボーイ)
  • GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
  • GUCCI(グッチ)
  • INDIVI(インディビ)
  • JILL STUART(ジル スチュアート)
  • John Lennon(ジョン レノン)
  • LANVIN(ランバン)
  • LineArt(ラインアート)
  • lotto(ロット)
  • LUCIANO VALENTINO(ルチアーノ バレンチノ)
  • maomao(マオマオ)
  • MASAKI MATUSHIMA(マサキ マツシマ)
  • NIKE(ナイキ)
  • POLICE(ポリス)
  • PUMA(プーマ)
  • Ray Ban(レイ バン)
  • SAMURAI SHO(サムライ ショウ)
  • Silhouette(シルエット)
  • TRUSSARDI(トラサルディ)
  • U.P renoma(レノマ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • ViVi(ヴィヴィ)
  • Vivid Moon(ビビッド ムーン)

サングラス

  • BALMAIN(バルマン)
  • CAZAL(カザール)
  • Christian Ribot(クリスチャン リボ)
  • Eleganse(エレガンス)
  • FILA(フィラ)
  • GUCCI(グッチ)
  • HARDY AMIES(ハーディー エイミス)
  • JILL STUART(ジル スチュアート)
  • LIP SERVICE(リップ サービス)
  • MICHAEL KORS(マイケル コース)
  • NIKE(ナイキ)
  • POLICE(ポリス)
  • Private Label(プライベート レーベル)
  • Ray Ban(レイバン)
  • SPALDING(スポルディング)
  • SWANS(スワンズ)
  • TAKEO KIKUCHI(タケオ キクチ)

浅田真央セレクション「maomao」